不動産

 

不動産問題でお悩みの方

・「不動産を購入するとき、仲介業者とトラブルが起こった」

・「不動産を売却したのに、相手が登記を移転してくれない」

・「不動産を賃貸していて、修繕費用の問題でトラブルになった」

・「不動産を賃貸していて、賃料不払いが続いている」

・「農地を活用したい」

・「土地活用の方法が知りたい」

・「期間を区切って土地や建物を賃貸したい」

・「所有している不動産の相続対策をしたい」

 

このようなお悩みを抱えた方は、まずは弁護士にご相談ください。

 

1.不動産問題の解決の流れ

不動産問題は、その内容が非常にさまざまです。

 

不動産賃貸業を行っている場合、賃借人が賃料を支払わないことがありますし、契約を解除したのに立ち退いてくれないなどのトラブルが多いです。賃借人が夜逃げをしたり、孤独死して相続人や連帯保証人とも連絡がとれなかったりすることもあります。

 

賃料不払いが起こった場合には、未払賃料を請求したり、賃貸借契約を解除して明け渡しを求めたりする対応が必要です。任意の明け渡しが行われない場合には、訴訟を起こして強制執行による対処をします。

 

不動産を購入するとき、仲介業者や売主が適切に説明をしなかったため、トラブルになるケースもあります。購入した物件に瑕疵がある場合には、契約を解除したり、売主や仲介業者に対する損害賠償請求をしたりする必要があります。

 

トラブルが起こっていない状態でも、土地の活用方法について検討しないといけないことがありますし、将来の相続を控えているとき、不動産がもととなって相続トラブルが起こらないよう対処したいというケースも多いです。

 

2.不動産問題を弁護士に依頼するメリット

2-1.トラブルを事前に予防できる

不動産問題を弁護士にご相談いただくと、トラブルを予防することができます。売買や賃貸借を行うとき、契約前に契約内容や契約書の内容について、弁護士によるチェックを受けることで、潜んでいるリスクを見つけることができるためです。

 

2-2.最適な活用方法を選択して有効な不動産活用ができる

不動産を所有している場合には、いろいろな活用方法があります。どのような方法が適切なのか、わからないこともあるでしょう。弁護士にご相談いただくと、定期借家契約や定期借地契約などの利用も含め、ケースに応じた最適な活用方法のアドバイスを受けることができます。このことで、法的リスクを最小限に抑えて、効率的に不動産を活用することが可能となります。

 

2-3.トラブルが起こったら適切に対応でき損失を最小限に抑えられる

不動産取引に携わっていると、注意していてもトラブルにつながることがあります。特に、多数の不動産を取り扱っている企業などの場合、トラブルを完全に防ぐことは不可能です。

 

弁護士に対応を依頼していると、実際にトラブルが起こってもすぐに対処することで、損失を最小限に抑えることができます。万一訴訟などが起こっても、適切に対応ができるので安心です。

 

2-4.相続対策も可能

不動産を所有していると、将来の相続が心配だという方も多いです。確かに、遺産の中に不動産があると、相続トラブルが起こりやすいことは事実です。

 

弁護士にご相談いただくと、遺言や生前贈与などの方法で、確実に相続対策を行い、将来の遺産トラブルを避ける方法のアドバイスを受けられます。弁護士が遺言執行者に就任することにより、遺言内容を確実に実現することも可能です。公認会計士や税理士との連携により税対策も可能です。

 

まずは法律相談(初回60分無料相談)にお越しください

リフト法律事務所の弁護士は、不動産取引に非常に強い専門家です。これまで、農地の転用や相続対策も含めて、多数の案件を解決に導いてきました。不動産問題でお悩みの方は、個人の方でも企業様でも、まずはお気軽にご相談ください。

 

リフト法律事務所では、事業主様、企業様のご相談は【初回相談60分無料】です。

 

『依頼』ではなく、まずは『相談』から始めてみませんか。

 

★『法律相談(初回60分無料相談)の予約』はこちら

 

  • 顧問契約をお探しの方へ
  • 顧問弁護士サービスのメリット
  • 顧問弁護士サービスの特徴
043-244-7115 受付時間 9:30〜18:000

ご相談の流れはこちら

 

043-244-7115 ご相談の流れはこちら