弁護士によるブライダル・ウェディング業界への法務サポート

 

 

新着【セミナー告知】

 

ご要望にお応えし、オンラインセミナー『withコロナ時代のリスクマネジメント』の再配信が決定しました!

 

詳細とお申込みはこちら⇒『録画配信+LIVE・弁護士の質疑応答』(ウェディング業界向け)

 

 

ブライダル・ウェディング業界への想いと願い

リフト法律事務所は、ブライダル・ウェディング業界のみなさまに、業界専門サポートを提供しております。

リフト法律事務所は、『頼れる社外法務部』として、ブライダル・ウェディング業界のリーガルサポートを提供しています。

 

契約書・規約のチェックなどはもちろんのこと、新規事業におけるスキームが法的に問題ないか、またどのようなリスクが考えられるかを弁護士の観点から判断し、経営やビジネスの視点からも対策します。また、IT・DX化対応も積極的に行っておりますので、幅広くサポートすることができます。

 

さまざまな業界での経験や広い視野をもとに、ブライダル・ウェディング業界の各事業者様に寄り添った適切なサポートを行って参ります。定期的にオンラインセミナー等も実施していますので、ご興味のある方はぜひ一度ご参加してみてください。詳細は随時ホームページにてご案内いたします。

 

主なサービス内容

 

1.契約書・規約のチェック ~時代に即した見直しを~

 

ブライダル・ウェディング業界における契約は、お客様との間だけでなく、異なる業種同士、さらには複数の業者を結ぶ役割を持つ契約、そして会社と従業員との労働契約など、契約が多岐にわたり、とても複雑です。このような場合、テンプレートや、会社が意味を理解していない契約書をそのまま使ってしまうと、いざというときに役に立たない、またはトラブルが生じるリスクがある不完全なものができあがってしまいます。

 

特に最近では、コロナや地震、台風などの影響もあり、これまで使用していた契約書や規約では対応しきれないケースが見られるようになりました。あいまいな契約書・規約では、会社と顧客双方が不幸になってしまいます。互いにリスクに対応した形できちんと契約をしておくことが、大きな損失を防ぐことにつながるのです。

 

当事務所では、貴社の10年、20年先を見据え、強く柔軟な契約書・規約作成のサポートをいたします。会社や大切な従業員を守るため、そしてお客様のためにも時代に即した契約書・規約の見直しを行いましょう。電子契約など、オンラインでの契約についても対応可能です。

 

[契約書・規約の主なチェックポイント]

 キャンセル規定/コロナ等の非常時規定/オンライン対策/著作権/SNS対策/支払関係規定/関係業者契約全般/雇用契約全般 ほか

 

 

2.トラブル対応サポート ~弁護士によるトータルサポート~

 

コロナの影響で、ブライダル・ウェディング業界において、延期やキャンセル問題が生じることが多くなりました。また、従来の契約書・規約では十分に対応できない事態になったため、お客様としてもどうすればよいか分からず、企業の対応によっては、悪質クレームやインターネット上で企業が誹謗中傷を受けてしまう例も多く見られるようになりました。

 

企業が安定的に経営を続けていくためには、適切な判断によって見通しを立てるとともに、法令を遵守しながらも、トラブルが発生したときには、スピーディーかつ適切に対応することが極めて重要です。

当事務所では、トラブルが生じた場合に、法的な観点だけでなく、経営やビジネスの視点からも対策を明らかにし、弁護士が全面的にバックアップいたします。当事務所は、交渉、裁判、インターネット上のトラブルまで、弁護士にしかできないトータルサポートが可能です。

また、インターネット、SNSトラブルを含めて、多数の解決実績を有しておりますので、安心してお任せいただけます。

 

[トラブル事例の例]

 キャンセルトラブル/費用の未払い/クレーム対応/結婚式・披露宴でのトラブル/SNS上での誹謗中傷/納品商品の不備/各契約条項の不履行 ほか

 

 

3.新規事業の法的チェック ~新しい挑戦をサポートします~

 

ブライダル・ウェディング業界は、コロナの影響もあり、オンラインによる新しい結婚式のスタイルや、会場などの新たな活用、新規事業への挑戦も多く見られるようになってきました。

同時に従業員の働き方も大きく変化してきています。

 

当事務所では、ブライダル・ウェディング業界における新規事業、新規プロジェクトの法的チェックを行っています。

法的リスクへの対応は、受け身の対応ではなく積極的に行うことが企業理念を実現し、売上げや業績のアップにもつながります。

リスクの予防を適切に行い、貴社が新しい挑戦に万全の体制で臨めるようサポートいたします。

 

[サポート内容の例]

 新規事業のビジネススキーム判断/新規事業に伴う契約書・規約の作成/オンライン対応へのリスク管理・対策/ITツール活用による業務効率化の提案 ほか

 

 

4.セミナー・勉強会の実施 ~従業員の意識改革を~

 

現在、情報漏えいに関する問題、著作権侵害に関する問題、コンプライアンス違反に関する問題、インターネットへの不正な投稿に関する問題といったように、企業における社員教育や管理職に対する教育は、経営をする上で、重要な課題となっています。

 

当事務所では、弁護士が貴社へ出張、またはオンラインにより、研修会・勉強会・セミナーなどを実施するサービスをご提供しています。

また、各種専門家とも提携していますので、業務改善、労務対策、資金調達、会計セミナーなど法律分野に限らず様々なテーマでの実施が可能です。

 

 

5.EAP(従業員支援プログラム) ~従業員の幸せのために~

 

『EAP』とは、Employee Assistance Programの頭文字をとった略称で『従業員支援プログラム』と訳されています。アメリカでは一般的な制度であり、日本においても、従業員を大切にしたいという事業者の導入が増加しています。

 

従業員の皆様は、仕事のことだけではなく、家庭の問題や友人に相談できない問題を抱えていることもあります。EAPは、従業員向けの法律相談窓口を外部的に設置することで、従業員を支援するプログラムです。日常生活や仕事上生じる法的トラブルを相談することで、悩みを解決し、精神的にも、本来の仕事に集中できるようサポートします。

 

福利厚生として導入することにより、人材定着や生産性向上も期待できるだけでなく、何より従業員の幸せを会社としても応援することができます。

 

▶EAP(従業員支援プログラム)の詳細はこちら

 

 

ブライダル・ウェディング業界の頼れる社外法務部として

1.経営判断として合理的な社外法務部という選択肢 ~アウトソーシングとしての法務機能~

 

企業として適切な法務部を設置するためには、専門家及び法務を取り扱える人材の確保が必須となり、少なくとも正社員数名分の費用のみならず、教育コストと時間も要します。

 

社外法務部をご活用いただければ、貴社の法務部として即機能の連携をとることが可能です。

やがて社内にもノウハウが蓄積され、徐々に契約書等の各書式や制度自体が整備されると共に、経験を積み重ねることで、従業員の方の法務レベルのアップも見込まれます。

 

既に法務部または法務担当者がいる場合には、そのサポートとしての機能が可能です。もし、法務担当者が専門の方でない場合には、社外法務部として連携することで、弁護士から適切な情報を受け取ることができるので、法務判断をするプレッシャーから解放され、本来の業務に集中できるようになります。

 

 

2.全ての法務機能への対応力 ~本当に効果的な法務機能とは~

 

法務対応は、契約書・規約の作成等のトラブルへのリスク対応から、対外的なトラブル対応、ひいては裁判等の法的手続まで含めた対応が必要になる可能性があります。その一部のみしかできない法務体制ですと、新たな対応者への依頼コストがかかり、社内の事情をゼロから話す、優先順位関係なく他のお客様と並列での対応になりうる等、様々なコストとリスクが生じます。

 

また、裁判を含めた法務対応ができるからこそ、リスク管理等の予防法務として、効果的な対策を講じることができます。どんなにキレイな契約書・規約等でも、実際のトラブル時の適切な対応が予測できるもの、または実際のトラブルが発生した後でも適切に対応ができるように対策されているものでなければ、会社の利益を守ることができません。

 

皆様のThe Wedding Lawyerとして、全ての法務対応を弁護士が直接対応させていただきます。

 

 

3.新たな時代に対応できる法務機能 ~withコロナ時代の法務機能~

 

withコロナの時代となり、お客様も含めて、様々な場面で「オンライン」「リモート」での対応が必要となりました。ブライダル・ウェディング業界でも、オンラインやリモートでのサービス提供や、新たなサービス、新たな取り組みが日々なされています。このような新しい挑戦や体制には、それに対応できる法務機能が必須です。

 

当事務所は、デジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進団体の理事も務めている等IT法務分野対応だけでなくDX対応も積極的に行っており、オンラインでの契約、接客、コミュニケーション、イベント、労務管理サポートなど、今の時代に不可欠な皆様の挑戦をサポートすることができます。

 

 

The Wedding Lawyerだから未来を託せる

 

当事務所では、ブライダル・ウェディング事業者様だけでなく、ご結婚されるお二人と、大切なご家族の未来へのサポートをさせていただくプランもご用意しております。

 

たとえば、お客様で、婚前契約などをご希望される方がいらっしゃった場合には、責任を持ってご相談や婚前契約書の作成を承ります。

また、これから新しい生活をスタートされるにあたり、いつでも安心してリーガルサービスを受けられるよう、ホームローヤーとしてのサポートも可能です。

 

結婚式だけでなく、大切なお客様の未来への安心もThe Wedding Lawyerにお任せください。

 

 

The Wedding Lawyer(ザ・ウェディングローヤー)とは?

 

ザ・ウェディングローヤーは、ブライダル・ウェディング業界に特化した弁護士です。

 

結婚や結婚式にまつわる事業はたいへん多くの業種にわたります。それぞれ独自の運用をされているところがほとんどであり、そのため課題もさまざまです。

 

ブライダル・ウェディングビジネスに適切なサポートを提供するためには、ブライダル・ウェディング業界に精通していることはもちろんですが、他の業界での経験や広い視野が必要です。他の業界の良いところは、積極的に取り入れ、万が一トラブルが生じた場合には同じようなことが起こらないよう対策を講じます。

 

ザ・ウェディングローヤーは、各事業者様に寄り添い、新たな時代に即して発展を続ける事業者様が理想とする未来を実現できるようサポートをいたします。

 

主な対象業種

 

 

※その他の業種でも対応可能です。

 

 

代表弁護士のブライダル・ウェディング業界への想い

ブライダル・ウェディング業界は、『結婚』という人生におけるとても大切な儀式・イベントをサポートするかけがえのない業界です。

 

人生における大切な節目に携わる仕事をしたい、人々の幸せな時間や笑顔に携わる仕事がしたいという想いから、法律家への途を選ばなければ、ブライダル・ウェディング業界で働きたいという想いを強く有しておりました。

実際、法律専門家となるための法科大学院(ロースクール)への進路選択をする時期に、ブライダル・ウェディング業界について勉強をし、就職活動もしておりました。

 

結果として、弁護士というブライダル・ウェディング業界とは違った形で、企業様等のお客様のサポートをすることになりましたが、弁護士になってからも、お客様の幸せな時間と空間、そのかけがえのない一瞬を提供しているブライダル・ウェディング業界をサポートしたいとの想いは変わっていません。

 

結婚式や披露宴では、式に参加されているお客様だけでなく、会場のスタッフや関係者も含めて、みな笑顔で1つの空間を作ります。このような幸せの一瞬に携わりたくて、ブライダル・ウェディング業界に入られた方や従業員の方も多いと思います。

 

そんな素敵な志をもった人々、ブライダル・ウェディング業界で働く皆さまにも幸せであって欲しい。

このような想いから、リフト法律事務所では、ブライダル・ウェディング業界で頑張っている皆様、従業員の幸せを本気で考えている事業者様のサポートをしたいと考えています。

 

ー We wish you All Happiness ー

 

ブライダル・ウェディング事業を行っている企業様だけではなく、ブライダル・ウェディングに必要不可欠な、ドレスや衣装、指輪やジュエリー、ヘアサロン・メイク、着付け、ブーケ・フラワーアレンジメント、料理やお酒、ケーキやスイーツ、ホテル、レストラン、音楽や演奏、演出、各種エンターテインメント、撮影、音響や映像機器、司会や配膳、その他ブライダル・ウェディングに関係する企業や事業者様の全てをサポートいたします。

 

The Wedding Lawyer

リフト法律事務所

代表弁護士 川 村 勝 之

 

 

The following two tabs change content below.

弁護士 川村勝之

大学院時代には労働法を専門的に学び、弁護士となる。2015年にリフト法律事務所を立ち上げる。法律に関する知識に加え、IT関連の知識やコーチングの知識にも造詣が深く、多数の企業の顧問弁護士を務める

 

  • 顧問契約をお探しの方へ
  • 顧問弁護士サービスのメリット
  • 顧問弁護士サービスの特徴
043-244-7115 受付時間 9:30〜18:000

ご相談の流れはこちら

 

043-244-7115 ご相談の流れはこちら